表示を付けることで分かり易くする。 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研 表示を付けることで分かり易くする。 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

表示を付けることで分かり易くする。

2020/03/10

外部の方も自然に参加。

・今回は入出荷伝票を運送会社さんが分かり易くする為に考えた3S改善活動のご紹介です。

【見やすさと分かりやすさを重視】

 

☆before☆
・写真は荷物の入出荷時に発生する送り状の控えと伝票を一時キープするカゴになります。
以前は出荷伝票と入荷伝票を写真の一緒のカゴに入れていました。目当ての伝票がたまに行方不明になることがあり、探すのに一苦労という場面もありました。

 

 

☆after☆
・入荷伝票、出荷伝票それぞれの専用カゴと表示を作成し場所を決めました。
入荷伝票と出荷伝票を分けることで管理も楽になりますし、行方不明も防ぐことができます。後とても分かりやすくなったので自然と外部の運送会社さんも参加して頂けるようになりました。
※写真では分かりにくいですが、入荷伝票入れ表記の下を入荷物置き場にしています。運送会社さんがあっちこっちに行かなくていいように同じエリアに設置しているのもミソです。

 

・内部のスタッフは理解して行動をしていますが、そうではない外部の方が参加しているのはしっかり伝わる作りになっているという事ですよね。

 

 

 

 

・この様に株式会社共伸技研では3S改善活動を通して効率よく良品を製作出来る方法を全スタッフが創意と工夫を駆使し活動しております。

・まだまだ改善事例が沢山ありますので順にご紹介して参ります。宜しくお願い致します。

お問い合わせは、お気軽に。