植え込みブラシの検討方法 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研 植え込みブラシの検討方法 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

植え込みブラシの検討方法

基準は植え穴径によって色々な最低寸法が決まってきます。

植え穴径がφ5の場合

1・土台の厚みは穴径の3倍の15mm以上
2・穴ピッチは穴径の2倍の10mm以上

他にもいろいろな製作に必要な寸法がありますが、この2点でよく製作に支障がおきます場合がございます。

また、植え方にも「並列植」・「千鳥植」・「スパイラル植」によっても若干の差が発生します。

検討前には一度ご相談ください。

ブラシの毛材の固定方法は根元に金属の金具で固定をします。
そのためにしっかりとした深さが必要になります。
深さ長いと、毛が抜けたり、植穴が貫通をしたりしてブラシとして成り立ちません。

 

1175230746

お問い合わせは、お気軽に。