引抜丸鋼の寸法公差について – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研 引抜丸鋼の寸法公差について – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

引抜丸鋼の寸法公差について

引抜丸鋼は、JIS規格の上ではh10の公差にはいっていれば良い事になっています。

ただし、日本国内で入手できる引抜丸鋼は、もっと良い精度で仕上がっています。

超高速回転で使う、といった様な、よほどの特殊な使い方でなければ、引抜鋼をそのままベアリングにのせても特に問題はないと考えられます。

お問い合わせは、お気軽に。