PPとNYの違い – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研 PPとNYの違い – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

PPとNYの違い

,,,,,,,,,

NY(ナイロン)とPP(ポリプロピレン)違いが何なのか、ご紹介。

NY(ナイロン)

樹脂系の毛材でもっとも一般的材料です。線径も豊富にあります。

  • 溶融点257℃ 使用限界110℃以下
  • 濃塩酸・濃硫酸に溶解。アルカリにはほとんど侵されない。フェノール蟻酸に溶解。氷酢酸に膨潤する。

PP(ポリプロピレン)

ナイロンにくらべてコシが強いのが特徴です。
太い線径のものはカキトルような使いかたに適します。
ほとんど水を吸わないので、水をかけながらもコシが必要な場合にも使われます。
対磨耗性ではナイロンよりも劣ります。 

  • 溶融点165℃ 使用限界80℃以下
  • 酸・アルカリに抵抗性あり。一般溶剤に不溶。

以上のことから、大まかに耐久の違いがあることがわかる。

では、どのぐらい違いがあるかと言うと

20130704012019DSC08691-1

写真のように右先がささくれているのがわかると思う。

PPはこの特徴を生かしたブラシもある。

お問い合わせは、お気軽に。