チャンネル式ブラシを重ねることもできます。 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研 チャンネル式ブラシを重ねることもできます。 – ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

チャンネル式ブラシを重ねることもできます。

2017/06/14
,,,

自由な設計が可能です。

  • 写真はチャンネル式直線ブラシを使った、払い・清掃用ブラシです。
  • 金具(フラットバー)と溶接し一体なるので、自由な設計ができます。
  • チャンネル番手は規格寸法が決まっており、最大の#13(13mm)を越えたい場合などは重ねることで厚みを増すことが可能です。
  • チャンネルについては → チャンネルブラシができるまでをご覧ください。
  • 金具を曲げることも可能です。

溶接の際の注意点

  • 取付金具の厚みは最低でも1.5mmが必要になるため、1.5mm以上での設計をおすすめします。
  • 1mm以下の場合は溶接時に穴が開きます。
  • 毛材によっては、チャンネルに植え込んだ毛材が焼ける危険性があります。
  • 金具の取り付けも含めて、溶接は弊社にお任せください!

ワイヤφ0.3

  • 金属線は、写真のようにすべて波付きになります。
  • チャンネルの重ね付けはすべての毛材に対応します。
お問い合わせは、お気軽に。